外部業務監査の標準的な項目

・人事・労務管理状況の把握(就業規則運用実態、人事考課      状況、労使問題管理状況)

・管財管理状況の把握

(動産・不動産物件確認、重要書類・重要物管理状況

   チェック)

・取引先購買先のチェック

 (取引先から廃棄業者、人材派遣業者まで)

・財務・会計処理状況の把握(資金管理、債権管理・回収、      在庫管理、経費支払)

·コンプライアンス遵守状況の把握(登記・営業許可、取引先    との契約、社内規則遵守状況)

業務監査 企業 調査 探偵

チェック項目

該当項目が多い企業様は要注意です。専門家に、ご相談することをお勧めいたします。また、少ない数でも、その内容に、ご留意頂き、社内で話し合いの場などをお作り下さい。

 外部業務監査 業務監査のご案内

​ 第三者委員会の設置

 

 エコワークリサーチ&コンサルティングでは様々な企業内調査を行っています。

単なる調査だけではなく再発防止などのコンサルティング機能や外部業務監査機能も果たします。

一般的には業務監査は、外部コンサルティング会社や監査法人などが行いますが、全てと言っていいほど、業務部門については、問題点の深層部分までたどり着かないのが現状です。言い換えれば、問題点の深層部分まで辿り着くことが出来ないのです。※第三者委員会の設置も実施いたします。詳しくはお問合せ下さい。

 

 彼らは表面的なプログラムの導入や会計監査を実施するだけなのです。

 ですから、外部監査を行って、仮に、問題点を発見し改善活動を行ったとしても、直ぐに元に状態に戻っていまします。それは、くどいようですが、問題の原因が探れていないからです。皆様が思っている以上に企業内の問題は根深いのです。

http://www.eco-workresearch.com/

機能していない業務監査